『かたわ少女』琳ルートについて―名もなき絵画と飢える身体

 さて、琳ルートです。実は笑美ルートを次に書こうと思ったのですが、ひとつ私にとってあまりにもタイムリーな要素が含まれていたルートなので、静かに向き合えるまで後回しにすることにしました。とっくに残りの全てのルートも終えているのですが、なんだか大して書くことが思い浮かばなかったのでこれも後回しです。

続きを読む

無題

 先日、親族ではありませんが、私にとって重要だった人が亡くなりました。
 どれほど冷静に見積もっても、私がこれまで最も無防備な姿勢で向き合ったと言わねばならない人です。

 私は何か心をかき乱されるような出来事があったときには、内省し自らの意識にある内容をできるだけ多く書き出して内心の整理をはかるのですが、それらの多くはここでわざわざ公開する意義もないような、混沌としてごく個人的な心象に満ちた断片となります。今回もそれを書くことになるのだろうかと思っていたら、そうはなりませんでした。なぜそうしなければならないのかわからないのです。そもそも大して心をかき乱されてなどいないのではないか? とも思いました。昨日はなぜか、葬儀から帰って、ある本の一部をひたすらに画面に打ち込んでいました。

 葬儀の場に出ていってみて、あるいはその本を読み返して一つわかったことがあります。それは、私はその死を悲劇の物語に、あるいは新聞の三面記事にあるような不幸話にしようとしていたということです。それは今回ばかりは回避しなければならないことだと思いました。

 「悲劇」の語源は「山羊の歌」であり、「スケープゴートの歌」と翻訳すべきだとされている。著者によれば、ギリシャ悲劇の起源は動物を生贄にさしだす儀式にあった。スケープゴートについては、百家争鳴の意見があり、ここで紹介する余裕はない。いずれにせよ、共同体は生贄を選び出し、それを破壊することによってそこから価値を引き出す。クラスで誰かをいじめて喜ぶのもスケープゴートの思想の実践であるし、「オイディプス」の上演を鑑賞することもその実践である。

テリー・イーグルトン、『甘美なる暴力――悲劇の思想』 | 存生記 - 楽天ブログ

 私は以上の本を開いてもいませんが、悲劇は人に望まれているというのは確かなことのように思われます。最近ある歌舞伎俳優の奥方が若くして病気で亡くなられたと聞きますが、その報道の仕方と反応をなぞっただけでもそのような印象を持たずにはいられません。ともあれ私が今回の出来事を何らかの悲劇、不幸話に類するようなものとして即興的に書けば、ここを見た人が残忍な喜びを感じることに貢献するかもしれません。そうすることは悪趣味であっても、禁止されるべきことでは全然ないと思われます。しかし今、この状況では、関係者各自の認識と現実に起きたことの間に多大な混乱があり、それが一定の振幅に減衰するまでには相当の時間が必要とされることを分かっていながら、そういうものを書き、言説として効力を与えようとするならば、不必要な、起こらなかったはずの危険を呼び込みかねないと思われます。私が今後、諸々の種類の妄想狂として周囲をかき乱さないためには、いつになく慎重に言葉を選ばなくてはなりませんし、必要な規制を敷かなければならないと感じています。*1

 ところで、弔意という感情が私の中にいつ到来したといえるのか自分でも分かっていません(葬式マナーを説くあるページ曰く、葬儀に参列したことが弔意を表したことになるとのことでしたが)。それはこれから、その人がもういないということが実感された場面で何度となく感じることになるものだと予想しています。だからこのような場で、また今の時点で、私が形式的な弔辞めいた一文を記しても、それは修辞の域を出るものではなく、なんの証明にもなりません。私のこの文章は、弔意のアピールのために書かれるものではありません。実のところ、今まで私の心にあるのは、それとは別の感情なのです。しかし、その内実を詳細に書くことには上のような慎重さが必要なので、まだ困難が伴います。

*1:ここに書いた文章の内容がどこかに流布し、何か直接に現実の人間に関係づけられるに至る、という可能性は低いでしょう(それでもインターネットですから、起こらないとは限りませんが)。だから、他の人に直接的に迷惑な言明を慎もう、というつもりではあまりないのです。私はむしろ、ここに何かを真実の言葉として述べることによって自分の意識が再帰的に被る影響についてをより心配しています。

『かたわ少女』静音ルートについて―公正さ、声、切断、日常の唐突

 なんだかんだいろいろ考えることのあったルートだと思います。登場人物数が多かった割に一言も触れてない人たちがいますね……まあいいか。

続きを読む

フリーゲーム『かたわ少女』をやりました

 前回の記事を振り返ると、いろいろ論理的に不備が見受けられますが、それはまた後の機会に批評自体への考察も含めて振り返りたいものです。

 さて、今回は海外製ノベルゲーム「かたわ少女」をやって考えたことをつらつらと書いていきます。

https://www.katawa-shoujo.com/index.php(公式サイト)

やろうと思った理由

 この作品は、何らかの障害を持った少女たちとの恋愛を描いているフリーのノベルゲームです。ずっと前に開発版をダウンロードしたのですが、そのときは数あるゲームの中から特にこれを選んでやることもないだろうと思って放置していました。しかし、この折PCのファイル整理をしていたときに開発版を発掘し、公式サイトを見てみると完全版の日本語Ver.が公開されているではありませんか。機は熟したという状況です。また、もしかすると今後障害をもつ人と関わる仕事に就くこともあるやも知れぬ、ということも頭の片隅にあり、ここはひとつ勉強のつもりでやってみようという次第となりました。

 ところで、この「かたわ」という言葉は侮蔑的に使われてきた経緯から現代では差別語と捉えられており、この作品が初めて日本語に訳されたときにも大いに議論を呼んだようです。しかし、この困惑させられるタイトルの印象によって、この作品が障害者を小馬鹿にし、異常性癖(パラフィリア)の対象として消費しようとするものだとか、または逆に障害ということを売り物にした美談(感動ポルノ)であるといった先入観を持つなら、それは残念なことです。最初はそういうものを求めて手を出すこともあるのでしょうが、蓋を開けてみればそんな安っぽいものではないということがすぐにわかります(値段自体は¥0ですけどね)。こうした誤解されやすさについては、世界各国でも事情は同じであるようです。以下のインタビュー記事にあるように、これはエロゲというものに普通抱かれているイメージの問題でもあるかもしれません。

主に西洋文化で育った人々にとって、エロゲの本質の一部とも言える性行為と性的表現に対しての享楽的な部分が『かたわ少女』における最も大きな問題点であった。異質で不快に思われても仕方の無い主題と、露骨な題名(「かたわ」は主に身体の障がい、もしくは障がい者を意味するが、英語の"crippled"に近い。日本では時代がかった差別的な言葉とされる。)を持つこのゲームは、初見の時点で極めて侮辱的な印象を人々に与えてしまうのも無理は無かった。

「性行為を含む物、特にゲームの類は、ただ性的な感興とポルノを楽しむという目的のためだけに作られているのだ」というのが社会の一般的認識だとすると、この障がいを主題としたゲームを見た人々が真っ先に「特殊性癖の人」用の物だと思うのも仕方がないのだろう。しかしこのゲームの開発者グループであるFour Leaf Studiosのメンバーは、そのような反応は間違っていることを証明するために多大な労力を費やしている

「純粋で誠実な物語を作るために、あらゆることを一から設計した。決してつまらない性癖を満たす為だけに作ったのでは無いよ」 かたわ少女製作グループのメインライターであったAura氏は語る。「私たちがそうすることを決めたのは重要な決断だったけど、同時に自然に決まったことでもあった。」

かたわ少女開発者ブログ: Kotakuオーストラリアのレビュー記事翻訳

 この作品は、最初はやはり障害というもののインパクトが強すぎて、個々のキャラクターも様々な障害を体現したインスタンスにしか見えないかもしれません。しかしながら、作中で発生する人物たちの考えや感性の衝突においては、あるいは交歓においては、障害という表象はあまりに貧しく大して役にも立たないのです。その人物をできる限り生のまま、種や類に相当する審級を一度括弧に入れて受け取らなければいけません。このゲームを楽しもうと思えば自然にそうなるのではないかと思います。私の当初の目論見のように、勉強のつもりでこのゲームから障害の一般的な理解を得ようとするなら時間のムダというものかもしれません。それならちゃんとした教科書を読んだほうがいいです。

 この作品の特徴は、そうした表象への拘泥を空転させ距離をとるその仕方にあります。この点、日本のエロゲー界の歴史においても数々の「お約束」が形成されていますが、この作品はそういった有無を言わさぬお約束を遵守すると同時に静かに裏切り、単なる日本文化の模倣にとどまらない、まさに異邦の物語となっています。 

 実際にやってみると、久々にエロゲやったのでやめどころが分からずのめり込みました(3日くらいで1ルート終えました)。この没入感は明らかに普通の小説では出せない。内容がよかったこともあるのでしょうが、ゲームというのはいちいちやめるのにセーブという儀式が必要なことが絡んでいるのではないか、などと思います。

 

各ルート別感想

 ネタバレ全開ですので避けたい方は注意してください。


 

 もう全ルート終えていますが、書けているのは上のものだけです。随時更新予定です。

 

作品を養うものと批評―『もう卵は殺さない』の比喩から

ご無沙汰しています。

現在まだ就職活動中ですが、そこからの逃避に何か書こうと思い立ったところです。

 

 さて、ところで私は、ここで何らかの作品をとりあげてべらべらと喋ったことはあまりありませんでした。前々回の記事くらいでしょうか。しかし実はと言うと、私はあるサークルのほうで(内輪の)小説の批評や良し悪しの議論をやってはいました。
 それと、高校生の頃の話ですが、私は若干小説っぽいものを書いていた時期があります。

 ネット上で感想を言う、内輪で善し悪しの議論をする、自分で創作する、かように創作にはそれにまつわるいろいろな立場があるわけですが、そういうものを経た上で、批評というものに関する考えがなんとなく形をとってきました。

続きを読む