『かたわ少女』静音ルートについて―公正さ、声、切断、日常の唐突

 なんだかんだいろいろ考えることのあったルートだと思います。登場人物数が多かった割に一言も触れてない人たちがいますね……まあいいか。

続きを読む

フリーゲーム『かたわ少女』をやりました

 前回の記事を振り返ると、いろいろ論理的に不備が見受けられますが、それはまた後の機会に批評自体への考察も含めて振り返りたいものです。

 さて、今回は海外製ノベルゲーム「かたわ少女」をやって考えたことをつらつらと書いていきます。

https://www.katawa-shoujo.com/index.php(公式サイト)

やろうと思った理由

 この作品は、何らかの障害を持った少女たちとの恋愛を描いているフリーのノベルゲームです。ずっと前に開発版をダウンロードしたのですが、そのときは数あるゲームの中から特にこれを選んでやることもないだろうと思って放置していました。しかし、この折PCのファイル整理をしていたときに開発版を発掘し、公式サイトを見てみると完全版の日本語Ver.が公開されているではありませんか。機は熟したという状況です。また、もしかすると今後障害をもつ人と関わる仕事に就くこともあるやも知れぬ、ということも頭の片隅にあり、ここはひとつ勉強のつもりでやってみようという次第となりました。

 ところで、この「かたわ」という言葉は侮蔑的に使われてきた経緯から現代では差別語と捉えられており、この作品が初めて日本語に訳されたときにも大いに議論を呼んだようです。しかし、この困惑させられるタイトルの印象によって、この作品が障害者を小馬鹿にし、異常性癖(パラフィリア)の対象として消費しようとするものだとか、または逆に障害ということを売り物にした美談(感動ポルノ)であるといった先入観を持つなら、それは残念なことです。最初はそういうものを求めて手を出すこともあるのでしょうが、蓋を開けてみればそんな安っぽいものではないということがすぐにわかります(値段自体は¥0ですけどね)。こうした誤解されやすさについては、世界各国でも事情は同じであるようです。以下のインタビュー記事にあるように、これはエロゲというものに普通抱かれているイメージの問題でもあるかもしれません。

主に西洋文化で育った人々にとって、エロゲの本質の一部とも言える性行為と性的表現に対しての享楽的な部分が『かたわ少女』における最も大きな問題点であった。異質で不快に思われても仕方の無い主題と、露骨な題名(「かたわ」は主に身体の障がい、もしくは障がい者を意味するが、英語の"crippled"に近い。日本では時代がかった差別的な言葉とされる。)を持つこのゲームは、初見の時点で極めて侮辱的な印象を人々に与えてしまうのも無理は無かった。

「性行為を含む物、特にゲームの類は、ただ性的な感興とポルノを楽しむという目的のためだけに作られているのだ」というのが社会の一般的認識だとすると、この障がいを主題としたゲームを見た人々が真っ先に「特殊性癖の人」用の物だと思うのも仕方がないのだろう。しかしこのゲームの開発者グループであるFour Leaf Studiosのメンバーは、そのような反応は間違っていることを証明するために多大な労力を費やしている

「純粋で誠実な物語を作るために、あらゆることを一から設計した。決してつまらない性癖を満たす為だけに作ったのでは無いよ」 かたわ少女製作グループのメインライターであったAura氏は語る。「私たちがそうすることを決めたのは重要な決断だったけど、同時に自然に決まったことでもあった。」

かたわ少女開発者ブログ: Kotakuオーストラリアのレビュー記事翻訳

 この作品は、最初はやはり障害というもののインパクトが強すぎて、個々のキャラクターも様々な障害を体現したインスタンスにしか見えないかもしれません。しかしながら、作中で発生する人物たちの考えや感性の衝突においては、あるいは交歓においては、障害という表象はあまりに貧しく大して役にも立たないのです。その人物をできる限り生のまま、種や類に相当する審級を一度括弧に入れて受け取らなければいけません。このゲームを楽しもうと思えば自然にそうなるのではないかと思います。私の当初の目論見のように、勉強のつもりでこのゲームから障害の一般的な理解を得ようとするなら時間のムダというものかもしれません。それならちゃんとした教科書を読んだほうがいいです。

 この作品の特徴は、そうした表象への拘泥を空転させ距離をとるその仕方にあります。この点、日本のエロゲー界の歴史においても数々の「お約束」が形成されていますが、この作品はそういった有無を言わさぬお約束を遵守すると同時に静かに裏切り、単なる日本文化の模倣にとどまらない、まさに異邦の物語となっています。 

 実際にやってみると、久々にエロゲやったのでやめどころが分からずのめり込みました(3日くらいで1ルート終えました)。この没入感は明らかに普通の小説では出せない。内容がよかったこともあるのでしょうが、ゲームというのはいちいちやめるのにセーブという儀式が必要なことが絡んでいるのではないか、などと思います。

 

各ルート別感想

 ネタバレ全開ですので避けたい方は注意してください。

 実はまだ静音・笑美ルートしかクリアしていないので、まだまだこの作品の真髄には踏み込んでいないのでしょう。のんびり進めていきます。

作品を養うものと批評―『もう卵は殺さない』の比喩から

ご無沙汰しています。

現在まだ就職活動中ですが、そこからの逃避に何か書こうと思い立ったところです。

 

 さて、ところで私は、ここで何らかの作品をとりあげてべらべらと喋ったことはあまりありませんでした。前々回の記事くらいでしょうか。しかし実はと言うと、私はあるサークルのほうで(内輪の)小説の批評や良し悪しの議論をやってはいました。
 それと、高校生の頃の話ですが、私は若干小説っぽいものを書いていた時期があります。

 ネット上で感想を言う、内輪で善し悪しの議論をする、自分で創作する、かように創作にはそれにまつわるいろいろな立場があるわけですが、そういうものを経た上で、批評というものに関する考えがなんとなく形をとってきました。

続きを読む

できるだけ建設的であろうとすること―メシア的構造と決断

 最近こういう態度で生きていて、ジャック・デリダの思想をそういう風に読んでいたら当のデリダにそれを覆されました、というお話です。レポートの再利用なのでいろいろ前提がすっ飛んでいると思いますが、私に補足する気はないので本を見たほうが早いです。

 

メシア的構造について

 デリダが「メシア的構造」と呼ぶのは、現在に予測不可能なものが紛れ込んでいる事態のことである。言い換えると、私たちが望むと望まざるとにかかわらず「来たるべきもの à-venir」に向かって開かれてあることである。

 ただ「予測不可能」とは、予想が当たる確率が極限に低いという意味ではない。「来たるべきもの」は確率的に解消されるものではない不確実性、私たちの制御下に置かれることは決してない無規定性を意味する。

 

できるだけ建設的であろうとすること

 「そのようなメシア的構造の考察は、不確実性とともに建設的に生きることに役立つのか」と問われて、デリダはまずは「いいえ」と答えた。*1それは無規定的であるからには、未来に対して何らか具体的な指針を与えているものではないと考えるほかにない。

 ただし、デリダは次のようにも述べる。

「…… そして建設的に生きるために可能なことは何でもしなければなりません。これは私たちが常にやっていることです、つまり建設的であろうとしているのです。私はできるだけ建設的であろうとしています。ただし、いかなる確実性もなしに、どこかで間違えない保証などなしに、です。」

デリダ脱構築を語る シドニー・セミナーの記録』, p.78.

 「できるだけ建設的」ということはどういうことなのか、できるだけ考えるように試みたが、これには『法の力』の3つのアポリアの箇所を合わせて考えることが効果的だった。私たちは無規定性から逃れることはできないが、倫理的・政治的に生きるならば決断を躊躇するにとどまるのではなく、やはり決断をする。

決断不可能なものによって宙づりにされる瞬間はどうかというと、そのときにも決断は正義にかなっていない。なぜなら決断のみが正義にかなっているからである。

『法の力』, pp.59-60.

メシア的構造を生きる人(つまりすべての人)の決断とは「規則に従うと同時にそれを逃れる」*2ような決断でなくてはならないだろう。そんなことを言えるための論理としては「現在という瞬間は根源的に分割されている」「けっして現在でなかった過去」と「けっして現実にはならないであろう未来」が、現在に入り込んでいる」*3という、デリダの現在についての考えが控えているように思われる。決断の瞬間も現在ではないものに分割されているように、決断が基づく既知の規則も、異なりつつ繰り返される解釈によって複数化されうる。

 また、「来たるべきものà-venir」が確率的な不確実性ではないように、それに目をつぶらない決断とは知識の多寡や熟考する能力の問題ではない。

時間と慎重に構える力、知識獲得のための忍耐力と様々な条件を掌握する力とが際限なく備わっていると仮定しても、決断というものは構造上、有限であるだろう。それは、たとえ到着するのがどんなに遅れようとも、構造上は有限である。すなわちそれは、切迫されせき立てられたうえに、無知と無規則という闇の中を進まねばならない決断である。

『法の力』p.68.

ここから考えると、例えば満員電車に乗っているとき、隣で痴漢にあっているらしい人がいた場合に「証拠が十分じゃない」「考えているうちに降りる時間になってしまう」と考えて告発せずにいることは、決断ではない、少なくとも正義にかなった決断ではないのかもしれない。それは計算可能性に執着するあまり、「来たるべきもの」を前にしてたじろぐ態度になっている。コンピューターは止められないかぎり計算し続けることができるが、そこから先に進むことができない。矛盾する複数の命令をコンピューターに与えると、エラーを避けるため永遠にプログラムをループして処理し続け、結局は電源が切れることになるだろう。そのループの途中で電源が切れたことを決断とは呼ばない。もし先ほどの人があれこれ思案しているうちに満員電車を降りる時間になってしまったなら、彼はこのようなコンピューターになろうとしていたのである。*4

 その態度は「できるだけ建設的」であろうとすることではなく、デリダはそういう態度を認めたいわけではない。デリダは無規定的なものの前で途方に暮れ続けることを勧めているわけでも、ひたすら思弁的であって無為であることを説いているわけでもない。

アポリアはネガティヴなものではなく、つまり私たちを事実上、立ち往生させてしまうものではなく、むしろ逆に試練や試金石であり、たとえ行き詰まってもそれを通過して行かなければならない、ある決定的な契機なのであって、決定を行なう、責任をとる、未来をもつなどのためには、私たちはこのアポリアの契機を経験しなければならないのです。(強調は引用者による)

デリダ脱構築を語る シドニー・セミナーの記録』, p.70

 

 デリダの理解において、自分自身は「アポリアの経験」に重点を置きすぎていたかもしれない。また、「不確実性に対して執拗に計算的であらねばならない」と読んでいたかもしれない。デリダが「建設的であろうとする」と述べたことはそういう意味ではなかった。その部分は、『法の力』を読むことである程度修正できたのではないかと思う。

 

――

 「計算可能性への執着」は、この記事でも触れていたけれど自分の思考の癖のようなもので、いつの間にかハマっていてなかなか脱しがたいものかもしれないのです。決断しようね、と思いました。

dismal-dusk.hatenablog.com

 

デリダ、脱構築を語る シドニー・セミナーの記録

デリダ、脱構築を語る シドニー・セミナーの記録

 
法の力 〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス)

法の力 〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス)

 

*1:デリダ脱構築を語る シドニー・セミナーの記録』, p.78.

*2:http://d.hatena.ne.jp/parergon/20160426/1461631952

*3:同上

*4:しかし、彼はその場で決断することはなかったが、いつかその決断はやってくるかもしれないと想定することはできる。彼にはこの苦悩の残滓が、何らかの亡霊がとり憑く。それはまたいつかの満員電車の中で回帰し、決断の引き金になるかもしれない。

『メイド諸君!』を読んで―ご主人様の憂鬱とメイドの献身

 先日『メイド諸君!』を読んでから、得体の知れない気持ちの悪さが亡霊のように回帰し胸の辺りに渦巻いています。思いの外、私はこの作品に打ちのめされた(?)ようでした。そのように、ああ面白かった、で済ませることのできない読書というのがたまにあり、物語に限れば太宰の人間失格以来かもしれないな、と思ったのでした。

メイド諸君!  【新装版】 上巻 (ガムコミックスプラス)

メイド諸君! 【新装版】 上巻 (ガムコミックスプラス)

 

 

  そういう気持ち悪さをどうにかしたいというところから書いているので、今回は(も)ゲロを吐き散らかすような文章となっています。しかも無駄に長いです。ご承知おきの程よろしくお願いします。

続きを読む