文学フリマで買った本の感想(文芸誌編)


今回は、第33回・第34回文学フリマ東京(2021年11月・2022年5月)で頒布されていた文芸誌のいくつかを読んだので紹介します。前回はこちら。

dismal-dusk.hatenablog.com

もう半年以上前のため入手できるかわからないものもありますが、私はべつに販促をお願いされているわけでもないので気にせず書きます(なぜ入手困難なコンテンツは紹介を控えられることがあるのでしょうか。内容の検証ができないから?)

 

ほしのたね vol. 13 特集1 ヒーロー 特集2 SNS(文芸創作ほしのたね)

事前にWebカタログとかTwitterを見ていて、面白そうだと思いブースを訪ねたところ、とても熱をもって主旨を解説いただいたので購入しました。年2回、フェリス女学院大学の卒業生・在校生が発行している文芸誌ということです(2012年創刊)。

表紙、見出し頁のイラスト、字体の選択、余白の取り方などが一つ一つ考えられていて、このクオリティのものを年2回も作るとかすごいですね。

 

特集1は「ヒーロー」ということで、各人が自分のヒーローだと思うキャラクターやヒーローもののシリーズ紹介などをしていました。熱量がすごい。読んでいくと、私が知っているというか見たことあるのが「星のカービィ」(アニメ)くらいしかなく、これまでの私はヒーロー的なイメージにまったく興味なかったのだなと思いました。気になったのは、初期のスーパーマン(報道の力を描く)、井田辰彦『外道の書』(自己犠牲?)、シンカリオンの映画(子供の周囲がちゃんとしている)、鳥人戦隊ジェットマン恋愛模様に注力?)、仮面ライダー555(怪人としての苦悩)ですね。

 

特集2は「SNS」で、私はどちらかというとこっちを目当てに購入しました。なぜかというと、この当時私は『生き延びるための自虐』という冊子を作っており、SNSとの向き合い方について色々と考えていたからです。

特集の中で、これはと思った作品がありました。櫛川点滴「お前がな」(小説)です。全方位をdisっていく主人公の不機嫌さが一貫していて力がありました。また、全体を流れる妊娠や子どもへの強い嫌悪感には真に迫ったものを感じました。子どもは嫌い、妊娠は醜いという強い気持ち、そういうものが実在するのだとはっきりわかりました(私もそう思うようになったというわけではありません)。反出生主義やミソジニーとも響き合うと思うが、完全に重なりはしない何か、なんと呼べばいいのでしょうかこれは? この方の他の作品が気になりますが、現在手に取れるものはなさそうなので残念です。

 

竜骨座 第三号(文芸創作Carina)

Webカタログを見て面白そうだったので購入しました。後で公式サイトを確認したのですが、同人誌の発行だけではなく読書会や朗読会、小旅行、リレー小説など様々な企画を行われているようです。

第三号は読書会の記録、小説、評論で構成されています。

 

ヘッセ「少年の日の思い出」読書会……中学の教科書によく載っている当の作品をみんなで読み直してみたという企画です。再読するとエーミールの印象が変わった、という声があったのが印象的でした。また、失敗というか、ある不始末に言い訳をしたくなる気持ちは大人でも感じるという指摘に、確かにと思いました。普遍的なところをつかんだ作品だと思い、私も再読してみたくなりました。

 

小説

無良戸えり「異形の人」……花田の肌の描写に遠慮が全くなくて、普通に気持ちが悪いと思ってしまいました。彼には申し訳ないけど。そういう効果を狙って書いていたなら見事だと思います。
主人公が二人(花田、マイ)のことを気遣いながらも結局は傍観者としての立場を貫いたことについて、彼自身あまり感情がないような気がしたので、正直こいつ二人に別にそんな興味ないのでは? と思っていました。私自身も、二人をどういう視点から見ればよかったのか定めかねています。本人たちが良ければいいんじゃない、というと突き放したみたいになってしまいますが。

つくし「ありえない」……私の読解力が無いのか、「結局ふたりはその後関わりませんでした」という結末でいいのか自信が持てずにいます。中学生活は理不尽だという主人公の実感がよかったです。あと意中の人が起きるまでにさりげなく自分の部屋を整えたり、相手の部屋に行くためにめっちゃ食い下がるところがいじらしいなと思いました。

 

批評

廣瀬和巳「今こそ『のだめカンタービレ』を読み返す―異端児が この世界(ルビ:アフターコロナ)を生き抜くために」……『のだめ』のどのあたりが良かったか、先行研究も踏まえて論じているものです。千秋と父の間にエディプス的な相克を見たり、のだめの恋心と音楽的修練の関係を追ったり、色々な論点があるのだなと思いました。私は実家にいた頃原作を読んでいたのですが、国内編の後のストーリーはほとんど忘れていました。改めて自分も読み直して、何か書きたくなりました。

 

夜の紙 vol. 5 特集:働く(夜の紙)

やはりWebカタログを見て購入しました。サークル「夜の紙」では、様々な経歴の4名が秋の文学フリマに合わせてミニコミを発行されているようです。

「半径3メートルの社会批評」という言葉を掲げているとおり、それぞれの方が実際に身近に経験してきたことを元に文章を書かれているように思いました。ただし、固有名詞がたくさん出てきたり身辺雑記みたいな文章ということではなくて、たとえば「どうすればよく生きられるか」を探りつつ書かれている気がした、ということです。すごくいいコンセプトだなと思いました。

vol. 5では「働く」をテーマに、4名の方がエッセイや論考を寄せています。自らの履歴をかなり詳細な部分まで赤裸々に書かれている方もおり、わざわざ紙媒体での公開を選んだ方のそれをネットの海に漏洩させるのは気が引けるので、詳細な言及は控えて思ったことだけ書きます。

それはそれこれはこれ「姉」……家族との付き合いは変わっていっても切れない。その長い関係継続の中に、支援関係や親密なつながり一般の中にある無力感や報われたと思う瞬間を繰り返し見出されている。どれだけ生きたら、このような感慨を落ち着いて書けるようになるのか想像もつかない。

リヅ「Work(s)」
アカヒモ「研究という『仕事』あるいは『趣味』」……それぞれ経験されてきた仕事の領域は違うものの、どちらも1~2年前話題になった「ブルシット・ジョブ」に書かれていたような実感を持たれていることが印象的。自分のしたことが誰の、どんな利益になっているのかを知ることができないとか、ただ用心棒のように雇われるとかはかなりのストレスであるという。勉強になります。

「好きなことを続けて仕事にしようとしている」と見なされると異常に強く当たられる、当事者が語るなら本当にそうなのでしょう。そうやって攻撃し他者化しないと、自分が仕事を嫌々やっていることが耐えられなくなるからか。自分だって好きなことを仕事にしたいんだ、羨ましいのだと認めてしまったら、今のクソみたいな仕事を投げ出してしまいそうになるからか。このあたりのルサンチマンはよく考えてみるとかなり屈折しているような気がして、そういう人が相当多い社会となると根本的にイカレているのではないかと思ったりします。

 

「夜の紙」はこの前の文学フリマ東京(2022年11月)でも、「夕方の紙」を発行されていたので買いました(まだ半分しか読んでいませんが)。たぶん今後も文学フリマ行ったら買います。加えてバックナンバーを通販してくれたら買うと思います。

 

 

これまで文学フリマで買った本は、その9割以上がまだ紹介できていないので今後も少しずつ記事にしていきたいです。ただ、現在進行形でネット上で文筆活動をしている方や、自分のプライベートなことについて書いている人も多いので、一段と慎重になりながらではありますが。気軽に発信するには、やはりSNSのほうが適しているのかもしれません。まあSNSもログを取ってまとめたら同じことだし、見つけてくれと叫んでいるみたいでいやだなという要らぬ自意識が発動してしまうのですが。

感想を書いて公開するには、さしあたって5つ手段が考えられます。

  1. SNSに感想を書く
  2. ポッドキャストなど音声で紹介する
  3. ブログに感想を上げる
  4. 紙媒体(フリーペーパー)上などでレビューしイベント時に配布する
  5. 発行者推奨のメールアドレスや感想フォームに送る
  6. イベント会場で手紙を手渡し(実際にやっている人がいるのかは不知)

下に行くほど拡散度が低く、活動している人への個人的な言葉になってくると思います。また残存しやすさでいうと3、5、6が高く、4は部数や厚さによる、1と2は低めでしょう。4~6は相手に渡したらもう訂正や削除ができない(ゆえに間違えたらまずい)ことも注意点です。読んだ文章の性質に合わせて、適切な手段を選択したいものです。

 

hoshino-tane.jimdofree.com

carinamonokaki.wixsite.com

yorunokami.jimdofree.com

2022年に読んでいたマンガ作品備忘録

これの2022年編です。

dismal-dusk.hatenablog.com

読んだ媒体ごとに分け、読んだのが昔である順に挙げていきます。

hesperas-drafts.blogspot.com

 

hesperas-drafts.blogspot.com

 

全1巻。「親友のミカミくん」がとてもよかったです。当たり前なんですが、男性と扱われる人だって淋しいと感じるときはあり、渡辺先生はどうもその点を訴え続けているような気がしました。また「つらいときだからこその視野狭窄」も、先生の作品で非常によく描かれるものです。助けを求めれば他の人は助けてくれたでしょうが、「でも見えなかった」ということを言ってくれる、本当に貴重な作品です。表題作は『ステラとミルフイユ』の外伝的な話ですが、こちらは自分には少し努力主義的すぎて厳しかったです。

 

全1巻。表題作だけめっちゃ好きです。「あたしには夢もなんにもない」と思う主人公と、母を亡くしたちょっと陰のある少年から出る「君はすでに愛されている」という言葉。互いに境遇が違うからこそ慰め合えることもあるんですね。少女漫画の一つの理想形がありました。

 

全2巻。どうして希死念慮のある人をここまで仔細に描けるのか普通に怖いです。また、適宜挿入されるカウンセラーと精神科医? の対話も必要十分で、倫理的にも学術的にもバランスが取れていると思いました(進化論のくだりはどうかと思いますけど)。

ふつう家庭の中で何か子どもに問題起こるとすぐ誰が悪いんだって話になりますが、明らかに問題ある人が特にいなくても、親と子どもの相性次第ではダメな時もあるんだというのがすごく響きました(2/p. 39)。題材的に冷静になれるかわかりませんが機会があればまた感想を書いてみたいものです。

 

Kindle(全て読了)

売野先生の作品は好きでほとんど読んでるんですが、感想を書けと言われると困るものが多く、あまりこの手のリストには入れることができてません。この短編集の中で特異だったのは、「しあわせになりたい」でしょうか。97年当時のディテールや生き生きした人物たちがそれぞれ輝いていて、自分がこの時代に持っていたイメージと少し違いました。90年代という時代の雑多さを考えるうえで、貴重な資料ではないかと感じます。

 

全1巻。オタク女子ものというのは数多出てきたと思いますが、この主人公は二次元への愛好がちゃんと実存に食い込んでいる描写がありよかったです。オタク趣味をたんにキャラクターの味付けにのみ使う傾向は滅ぼされるべきだと考えます。ここではその例を挙げませんが、あなたも思い当たる作品があるのでは?

この作品やオタク描写について詳しいことは長文感想をものする予定です。結末らへんはちょっとなと思うところもあったのでそれも含めて。

 

DMMブックス

全9巻。二人の関係がどうなったかを言ってしまうともうネタバレなのであれですが、途中でアウトな方向に行く可能性がいくらでもあったと思うんですが、その全てをすんでのところで躱したなという感想を持ちました。途中経過のほうを忘れてしまうと何にもならないですね。要再読作品です。

 

Kindle(途中まで)

1巻まで。ストーリーを一切覚えていませんが、男のほうに不動産取引の知識があって突然「おとり物件はマジでうざい」という話をし始めたのが面白かったです。男のほうも思ってますが主人公のキャラクターがいまいちよくわかりませんでした。7巻まで続いたらしいですけど人気の理由は何なんでしょうか。

 

1巻まで。前半くらいまで下ネタを言いまくる展開が続き、あーはいはいと退屈に思っていたのですが、後半になって下ネタ減ってくると割と好きかもしれない気がしました。意地悪い女子を使い捨てない展開には期待が持てます。

 

1巻まで。中央線沿線の街を紹介する一話完結作品です。ストレスなく読めました。でも別に続巻を買いたいかといわれるとそうでもないです。

 

2巻まで。ギターやる主人公の話だった気がします。性暴力被害に遭ったことのある人はフラッシュバックの恐れがあるので読まないでください。結構それについての扱いは深刻で、関わりをもつ表紙の男にも覚悟が問われています。8巻で終わったようなのですが主人公にはとりあえず幸せになっていてほしい。

 

5巻まで。評判通りのすごい作品で、全体的に好きです。性質がどうしても違う人たちがなんとか生活をやるためには互いにどうしたらよいのかということをずっと描いています(これ何かの説明になってますか?)。ただその作法を誰かがわかっているわけではなくて、誰も部分的にしかわからないし実践できない。ただこの物語世界をある意味無慈悲だとかストイックすぎると思う人もいるのかもしれませんね。私はそのくらいのほうがマンガ界では逆に新鮮で好印象を覚えますけど。

 

1巻まで。ギャグセンスが秀逸だと思いました。こういうセンスが突然現れたはずはないんですが、どこかライトノベルっぽさも感じたのでそのあたりからの影響があるのでしょうか。設定はそこそこ非日常的なハイヤークラスの世界で、こういう世界は同レーベルの作品ではたまに見ますね。

 

1巻まで。年上への憧れとか、概念上の母を失ってしまったというさびしさとか、そのあたりに他作品ともうっすら共通する少女漫画感がありました。友人が魔法少女のコスチュームを作っているという設定がリアルなんだかそうじゃないんだかわからなくて良かったです。変なところで唯物論的ですね。12巻まであるのですが、現在の関心とは距離があるため優先度的にはあまり上げられない気がします。

 

1巻まで。タイトルは出オチです。原作をかなり圧縮したのか展開が早めなのと、主人公は口が悪いという設定がどうも絵の表現と合ってないのが気になりました。もう恋愛ものとしては筋書きが見えてるのですが、後半で現れたライバルが暗に敵意を見せてきて面白くなりそうなところで続巻でした。商売上手。

 

ぱすてる 3巻

3巻まで。2002年から始まった作品のようで、あまり期待してなかったのですが予想外に良い作品でした。おそらく読者層的に所謂ラッキースケベ(という言葉は当時まだないですが)が描かれる必要があったのでしょうが、主人公はちゃんとそれを相手への加害として反省したり謝ったりできるし(当然のことなんですが)、同居する相手を恋愛の文脈に巻き込んでいいのかということも、相手の事情を考えて判断しようとしています。現代の多くのラブコメ作品だってお約束として看過してしまう問題について「アウトだろ常識的に考えて」と主人公が内省し突っ込みを入れていくのは驚きでした。

めちゃくちゃ巻数があるのですが、とりあえず第1部みたいなのが終わった時点で感想を書くべきだと思っています。同時期に連合赤軍について調べ始めたせいで読むのを中断してしまったようです。

 

1巻まで。国同士が戦う殺伐とした話でみんな表情が怖いですが、勢いがあって引き込まれる展開です。主人公がんばってください。溺愛要素が思い出せない。

 

1巻まで。サクサク進む展開と特殊能力を伸ばしていく育成ゲーム的な楽しさはあるのですが、悪女になって何をしたいのかという主人公のモチベがいまいち理解できないので追うのは止まっています。

 

1巻まで。アラサーのお悩み的な話ですが、構成がうまいです。人物が割と多めですが難なく頭に入ってきます。「結婚になると2人だけの話じゃなくなるのが怖い」という主人公の考えがありましたが、『純愛時代』という本に似たようなこと書かれてた気がしました。セックスレスの話題も確かあるのですが、複数のテーマを並行してやっていくことができるのでしょうか。

 

1巻まで。ヤバそうなタイトルに反して全年齢向けの健全な話です。乙女ゲームの世界の脇役に転生してなんとかうまく立ち回る感じですね。原作付きで見せ方も上手くすっと話が入ってきました。1巻は舞台を整えたという感じで、盛り上がるのはこれからのようです。

 

6話まで。私が読んだ後、なぜかAmazonから無くなっていました。

おおまかにはオフィスラブですが、監査という嫌われ者の仕事を題材にしており独自性を感じさせます。また4巻ごろから主人公が四角関係に巻き込まれ最悪な辱めを受けたり同時に友人も失ったりとかなり厳しい場面が続きます。打ち切りになってしまっているのは、こういう心理的負荷の高い展開に読者がついてこれなかったんでしょうか。

作者の春山先生の描くR18シーンは特徴的で、この作品では拒んでいるのに求めているという錯乱した描写が抜群に上手くもはや怖かったです。例えばシギサワカヤ「箱舟の行方」のような凄味を感じさせました。代表作?の『夜伽執事』も含め、いつか振り返りたいとは思っています。

 

1巻まで。ナルシストというのはしばしば罵倒語として使われますが、自分に肯定的なイメージをもっていたり、自分の身体や生活を大事にしていること自体は悪くはないはずです。ナルシストという言葉の違う使い方をこの作品から考えてみてもいいのかもしれません。TLの男キャラというのは現実の男性に比しても寡黙だったりフランクな愛情表現が少なかったりしがちですが、こういうキャラも発明されていいはずなのです。

あと主人公の過去の恋愛の闇がけっこう深そうなんでつらい気分になります……

 

コミックDAYS

11巻相当まで。伏線回収がすごいですが、特に私が何か語るべきことはないような気がしています。虚無主義に興味があればおすすめします。

 

1話のみ。映画ぜんぜん知らないので普通に勉強になりそうだなと思いました。性的なものへの接触って個人差大きそうですよね。べつにそれが大人であることの証になるわけじゃなくて、自分の中でそう思いたいときの道具の一つでしかないと思っていますが。

 

3話まで。コメディチックな表現が多めで、線が割と太かったりどこか少年誌ラブコメっぽい画面に感じます。ただ内容としては相手の恋愛感情に歩調合わせようとする意識があったり伝統継承も感じさせます。対象年齢層はあんま高くなさそうですが、ランキング上位にいるので広く人気なんでしょうか。

別に恋愛感情が本気でわからないとかそういう人の話ではないので誤解なきよう。そういうものをお求めの方には、小野ハルカ『桐生先生は恋愛がわからない。』(不朽の名作)を勧めます。

 

マンガmee

1話まで。めちゃ流行っているらしいと聞いて読んだのですが、正直良さがよくわからなかった覚えがあります。トーンが一面にバーッて広がっていたのを久しぶりに見ました。流行っているからには何かがあるんだろうという気持ちで先を読むかもしれないし読まないかもしれません。

 

comicブースト

3話まで。まあオタク友達いない私には関係のない話ですがこういうのが選択肢として現実味を帯びてくるのは良いことだと思いました(他人事感)。てか原作あったんですね。

 

5話まで(4話は未読)。おそらく、都市部で独居する同世代の最大公約数的な欲望を取ったらこうなるのだろうなと思います。面倒くさい関係は嫌だがグループ向けに構築された文化には便乗したい的な(言い方が悪い)。そういった「良いとこ取りの欲望」の課題も、もちろんこの国の制度との関係で今後見えてくる気がしていて、20年代より先を考えるためには避けて通れない作品になると思います。

 

付記

読了した作品が少ないですね。2022年は自虐の個人誌作る以外にそんなに忙しかった覚えがないんですが、何に時間と資金を費やしていたのか謎です。アニメと一般書でしょうか?

今更なのかもしれませんが、悪役令嬢ものや異世界転生もの+αの増加は目を見張るほどで、少しずつ試読できるものから渉猟していますが、ハマる作品はあんまり見つけられていません。元の数がないので、TLでもよかったのは少数でした。

この前、久しぶりに20年前ほどの少女漫画レーベルの作品をいくつか買ってみました。すると『ピエタ』などとてもよい出会いがあったので、定期的にやっていきたいと思います。

個人誌の制作に一区切りがついた気がしているので、来年はこのブログの初期に立ち戻って少女漫画作品の記事も書けたらと思いますし、TL作品については作家毎の論や個人的な大勢を語ってもいいのではないかという気がしています。そして、この備忘録で感想を書くとした作品を読み直し記事を書く必要もあります。やるべきことはたくさんあります。できる範囲で、生活が破綻しない程度にやっていこうと思います。

こうして年一回は振り返らないと、何を読んでも全部忘れていくので(特に電子版やアプリは)できるだけ毎年やれたらいいなと思います。

 

皆様、今年もお疲れ様でした。来年もhesperas(と第二ブログ)をよろしくお願いいたします。